仲介手数料とは?

家賃の相場が合った賃貸物件には、契約前に初期費用の請求書をもらいます。
その中に、仲介手数料という金額があります。仲介手数料は、簡単にいうと不動産会社に支払う成功報酬になります。
ですから、対応に不備があった、物件紹介の時に対応が悪いなどといったことが起これば、仲介手数料は交渉次第では支払わなくてもいいようになります。

それに、最近では仲介手数料が無料の物件ばかりを取り扱っている不動産会社もあります。
そういったところであれば、最初から初期費用を抑えることができますので、費用を抑えたい人はそういった不動産会社で探したほうがいいでしょう。

良い物件が見つかれば…

家賃の相場通りの賃貸物件が見つかれば、次は契約へと手続きを進めていくことになります。
契約まで話しが進めば、ほとんどその物件に住むことは確定していることになります。
しかし、契約を結ぶ前に色々と確認しておく必要があります。それは、初期費用のことです。
初期費用は、物件を契約する時に必要な費用になりますので、大体は入居日前に全額支払うことになります。
ですが、不動産会社によって請求される費用というのは異なります。不動産会社によっては、様々な手数料という名目で高く請求してくるとこがあります。
ですから、初期費用を支払う前に必ず金額を確認することです。

基本的に初期費用は、敷金や礼金、前家賃、物件に必要な保険料、仲介手数料になります。
敷金や礼金は、保証金とも呼ばれることがあります。これは、物件を管理している会社に支払う費用です。
敷金は、退去する際に物件に問題が無ければ返金される金額になります。しかし、礼金という費用は退去時には返金されることはありません。
これは、所有している人間に対してのお礼金となりますので、支払った本人には戻ってこないでしょう。
ですが、このお金は物件によっては修繕費として利用するところがあります。そういったところは、良心的ですので助かるでしょう。
そして、前家賃は入居する月の家賃を支払うことになります。ですから、月初めよりも早く入居する時は前家賃と分割した家賃を支払うことになります。

上手く交わすには?

賃貸物件は、家賃に合わせて自分が住みたいと思える部屋を探すことになります。
ですから、その地域の物件の相場なども考えて部屋を探すということが重要なことになります。
しかし、不動産会社によっては自社で賃貸契約を結んで欲しいと強く思っている会社もあります。
そういった会社は、契約を取ろうと営業をしてきますので、押しに弱い人は断ることができない状況になる場合もあります。
ですが、そのように契約を結んでしまうと実際に住むとなれば支障が出る可能性が高いので、回避しないといけません。

回避する方法は、しっかりと断ることが大事になります。不動産会社から物件を紹介してもらうことは、全て無料で行なうことができます。
ですので、無料だからこそ断るという行為はとても大切なことになります。
それに、はっきりと断らないと営業が上手いスタッフに当たれば、断れない状況になる可能性が高いので曖昧な態度は見せてはいけません。
複数の不動産会社で物件を見る予定なら、タイムリミットとなる時間を伝えておくといいでしょう。
そうすれば、ほとんどの不動産会社はその時間までしか案内することができません。それに、時間関係なく案内を進めるスタッフであれば、自分のことしか考えていないスタッフになります。
そういったスタッフに当たれば、時間になったら出ることを訴えるといいでしょう。無理に営業してくるスタッフであれば、責任者を呼んでもらって対応をしてもらうことも可能です。

見学は大事

賃貸物件を探す時は、収入に合った家賃の物件を幾つか不動産会社から紹介してもらうことになります。
紹介してもらった物件は、全て見学することが可能です。見学することで、実際にどのような部屋なのかを確認することができます。
それに、不動産会社によって扱っている物件というのは異なります。ですから、自分の条件に合って気に入る物件が見つかるまで何件も見学することも可能です。
物件を見学することは、全て無料で行なうことができますので、気に入る物件まで何件も見たほうがいいでしょう。
そうすることで、地域の相場なども分かりますし、幅広く探すことができますので住みやすい部屋を見つけることができます。

しかし、注意することは不動産会社からの営業です。
それぞれの不動産会社の営業方法というのは、独自で考えている方法なので異なる対応をスタッフはします。
ですから、スタッフによっては自社物件で契約を取りたいということで、条件に合っていない物件でも契約するように営業してくるところもあります。
そういった営業をされた場合は、悩んでいることは一切言わずに別の物件が良いと伝えたほうがいいでしょう。
少しでも曖昧な態度が出た場合は、更に営業を強くしてくるスタッフもいるので、営業に負けてしまって条件に合っていない物件を契約してしまうという場合もあります。